健康食品・サプリメント受託製造OEMで貴社のPBを製造します

バックナンバー

前回前々回と2回に分けて二人の偉大な人物を取り上げました。
一人目は「カルピス」創業者の三島海雲氏、もう一人は「ヤクルト」創始者の代田稔氏です。


前回から読む
前々回から読む


健康食品の歴史を辿るにあたって、最初にこのお二人をご紹介したのには理由があります。

それはお二人の共通点に、健康食品ビジネスの『成功の条件』を感じたからです。

健康食品ビジネスの「成功の条件」

その条件とは、

  1. 私心なき、利他の精神」という信念・哲学があったこと。
    この「利他」とは、仏教の教えの一つで、「他者を思いやり、相手のために行動する慈悲の心」のことです。
    リーダーがこの理念を徹底したからこそ、多くの人に愛される組織となったのです。
  2. ご本人が健康長寿であったこと。
    三島氏は96歳、代田氏は82歳で天寿を全うされています。健康産業に従事する者が、「こころ」と「からだ」の両面において不健康であれば、商品や企業が人々から信用されるのは困難でしょう。
  3. 長く人々に愛される商品の三要素、【(1)おいしく、(2)からだに良く、(3)経済的】を満たしていること。
    いくらからだに良くても、おいしくなければ毎日続けられませんし、いくら商品を気に入っていても、値段が高すぎれば買い続けることはできません。

商品をどのようなものにして、いくらで販売するのかを決めるのは、販売事業者ご自身です。

だからこそ、条件1の「利他」を基本とした経営理念がなければ、例え一時は売れたとしても、継続的な展開がうまくいかず、どんどん方向性がぶれていってしまう。結果、短命で終わってしまうことが多々あります。

ビジネスの世界で生き残るのは本当に難しいものです。積み上げてきたブランドの信用も、ちょっとした対応を間違えただけで批判され、不買を起こし、やがて忘れ去られます。

その中でも確固たるブランドを築き上げた「カルピス」と「ヤクルト」を生んだお二人は、最高のお手本となると考えました。

「健康食品」はどう在るべきか

そして、この偉大な二つの商品は、「健康食品」がどうあるべきかについての示唆を与えてくれます。

それは、前回「ヤクルト」の「代田イズム」でもご紹介した「予防医学」という考え方です。

「予防医学」とは、簡単に言えば「病気になる前に、自分で自分の健康を守る」ということです。

そのためには、生活習慣に気をつける必要があり、健康な生活を送るための知識を得て、良い習慣は継続して伸ばし、足りない部分は新しく補うというのが理想です。

「健康食品」は『健康の三原則』である、「栄養」、「運動」、「休養(睡眠)」のうちの、「栄養=食生活」において、新しい提案を担っているのです。

20世紀は科学工業技術革新により、大量生産、大量消費を可能にし、その圧倒的な力の保持が、戦争に発展してしまう悲劇もありました。しかしそれと同時に、医学や栄養学も飛躍的な進歩を遂げて行ったのです。

ちょうど三島氏と代田博士が「乳酸菌」に情熱を注いで研究したように、世界中で様々な研究が行われ、その情報によって「健康食品」は市民権を得てきたのです。

つまり、医学・栄養学などの研究発表による「情報」と「健康食品」は切っても切れない関係にあります。

そのことを踏まえた上で、次回より健康ブームとその時代背景を中心に見ながら、タイムマシンを進めていこうではありませんか。

次回もお付き合いいただけると幸甚です。

今回のまとめ

「健康食品」ビジネスの「成功の条件」は、
1. 「私心なき、利他の精神」につながる理念があり、
2. リーダーが心身ともに健康長寿であり、
3. 【(1)おいしく、(2)からだに良く、(3)経済的】という三要素を満たしている。

「健康食品」は、栄養情報と切っても切れない関係である。