「健康食品」の利用状況:平成26年度第4回インターネット都政モニターアンケート結果より

前回に引き続き、
平成26年度第4回インターネット都政モニターアンケート結果 健康食品
から「健康食品」の利用状況を見ていきましょう。

設問は、【あなたは、「健康食品」を利用したことがありますか。
(この「利用」とは、食べたり飲んだりすることです。】
であり、6つの選択肢から1つ選ぶアンケートです。

回答 平成26年 平成15年
毎日利用している 17.2% 26.4%
1~2日おきに利用している 1.7% 5.8%
必要に応じて利用している 24.6% 21.4%
利用したことはあるが、今は利用していない 28.0% 25.0%
その他 2.0% 1.6%
利用したことはない 29.4 19.8%

(※有効回答数は460名、平成15年の有効回答数は496名)

『利用したことがある』の合計は、73.5%
(平成15年調査は、80.2%)

『現在利用している』の合計は、43.5%
(平成15年調査は、53.6%)

となりました。

気になる結果としては、やはり
『利用したことがある』人が減っていることです。

『利用したことはない』人(29.4%)が
一番多かった年代は、60歳以上(167名)で32.3%
続いて50代(68名)の29.4%、
20代(43名)の27.9%となっています。

60歳以上の方は、
『利用したことはあるが今は利用していない』
割合も30.5%とトップですので、
一般的に健康食品は60歳以上の方が利用している
というイメージは、東京都民に関しては当てはまらないようです。

もちろん、この調査結果は限定された条件下で
行われているので、このデータだけで判断するのは早計です。

しかし考えるヒントにはなりますので、
「商品開発」の参考にしていただけると幸いです。

健康食品の利用状況


【参照】平成26年度第4回インターネット都政モニターアンケート結果 健康食品

カテゴリー: 健康食品に対する意識は10年でどう変わったか? タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA