商品に依存させる

私が、子供のころ我が家は、父、母、祖父、祖母、私、弟の6人家族でした。
祖父母と同居でしたので、小学生のころは夕方に帰宅するとTVにははいつも時代劇が映っていました。
「暴れん坊将軍」とか「水戸黄門」とか「遠山の金さん」などです。
時代劇は、基本は子供向けのヒーローものとストーリーはほぼ同じの勧善懲悪ですから
分かりやすいので私も好きでよく祖父母といっしょに時代劇を見ていました。

時代劇によく出てくる悪役の黄金パターンは、いかさま博打を行う胴元です。
最初は、人の良さそうな新規客に、いかさまでわざと勝たせて、博打にはまると負けさせて借金が嵩むと
「借金のカタにおめぇの娘はもらっていくぜ!」と凄む典型的な悪い人達です。
このパターンの悪役は何回見たか分からないほど時代劇にはよく出没します。

江戸時代の町民のイラスト(女性)

この悪役の狡猾なところは、最初はわざと勝たせて
このあわれなお父っつぁんをギャンブル依存症にしてしまうところです。
この犯罪の非常に説得力があるところは、人はこのような罠に非常に落ちやすいことです。
私も非常に人が良いのでこのような罠にはよく嵌ります…。

先日もそうです。
Amazonの電子書籍サービスKindle(キンドル)で面白そうな漫画の1巻が
無料で配信されていたのを見付けてありがたく無料でダウンロードして読みました。
そしたら面白かったので当然の人情として続きが読みたくなりました。
そして、読み進むうちに結局は全巻をダウンロードしてしまったのです。手痛い出費でした…。

また、本屋に行かなくとも読みたい本を直ぐに(ダウンロードに数十秒は必要ではありますが)
読むことができる利便性に、いくら買っても保管スペースが不要(データなので)であるという
開放感に喜び、今ではすっかりKindle(キンドル)に依存してしまっています。
きっかけは、Kindle(キンドル)本体の激安セールと無料ダウンロードサービスだったのでえすが…
安さ、または無料に釣られたくせに、今は有料サービスもガンガン使っています。

健康食品の通信販売でもサントリーさんがよく無料モニターを謳って
無料で商品を提供して新規開拓を行っています。
もう十数年以上もつづけておられるところを見ると広告宣伝費を使って
しかも無料で商品をプレゼントしても結局は利益が残るということなのだと思います。

健康食品の販売では、私はリピートを獲得することが最も大切だと思います。
何も無理をして初回無料で商品をばら撒けとはいいませんが売ってから、貴社の健康食品を
生活習慣の一部として定着させて手放せなくすることが利益の確保につながると思います。

その方法は、このように無料サービスで新規顧客を釣ろうとしているサービスや
商品を実際に申し込んでみて、実際にご自分で体験してノウハウを盗んでください。
なにせ無料で新規顧客を釣り、有料サービスを購入させようと様々な工夫やアプローチが盛り沢山です。
今後は、ますますこのような初回無料の罠を仕掛けるサービスが増えると思います。

 

企画部:北

カテゴリー: 健康食品OEMブログ タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA