健康食品・サプリメント受託製造OEMで貴社のPBを製造します

今年の傾向として、ダイエットサプリの開発依頼が減っています。
これは、広告を出稿する際の審査が非常に厳しくなっていることが原因だと思われます。

%ef%be%80%ef%be%9e%ef%bd%b2%ef%bd%b4%ef%bd%af%ef%be%84%ef%bd%bb%ef%be%8c%ef%be%9f%ef%be%98%ef%be%92%ef%be%9d%ef%be%84

率直に言ってこれは健康食品業界にとってよいことだと私は思っています。
何故なら、「飲むだけで痩せる。」というサプリは痩せないからです。
より正確に言うと、よく宣伝で見かけるような飲むだけで1ヶ月で5kgとか10kgも痩せるというのはありえないということです。また、仮にそのようなものが作れるとしても私はそのような依頼は受けませんし、他のほとんどの受託企業も受けないでしょう。なぜなら、万人にそのような強力な効果をもたらすというのなら、その商品は食品ではなく医薬品かあるいは毒物です。不特定多数にそのようなものを売れば、間違いなく健康被害をもたらします。

しかも、消費者庁による景品表示法における取締りも厳しくなっています。上記のようなありえない効果を謳って販売することによる行政指導やペナルティを受けるリスクが高くなっています。

しかし、ダイエットをしたいという消費者の潜在需要は非常に大きなものです。

では、どうすれば良いのでしょうか?
いわゆる「代替食」がよいと思います。プロテインをベースにしたダイエットシェイクだったり野菜や果物を粉末にしたグリーンスムージーなどの売り上げが上がってきています。

これらは、普段の食事を置き換えるもので非常に低カロリーに設計します。例えば、昼食で700kcalを摂取していた場合、200kcalにおさえてその分をダイエットしましょうということです。(700kcal-200kcal=500kcal)
非常に理屈の通った分かりやすい理論です。
これらのものであれば、ダイエットを訴求しても問題ありません。
ダイエットサプリは今後、ダイエット用プロテインやグリーンスムージーの売り上げが伸びると思います。

ダイエットサプリを企画されるのであれば、是非弊社にお問い合わせください。

企画部:北