健康食品・サプリメント受託製造OEMで貴社のPBを製造します

以前に、毎週のように友人2人でと魚釣りに行っていた時期がありました。

どちらもへぼ釣り師なので2人ともぼうず(1匹も釣れないこと)なこともざらなのですが、友人は私に比べてお金持ちで道具にお金をかけていました。しかも、買った道具を私に自慢するのです...。
すると、私も欲しくなって同じような道具を買ってしまうのです。

そして、2人とも腕はへぼなままに道具だけは立派になって行きました...。

「隣の芝生は青く見える。」と言いますが、友人や知人がよいものを持っていたら、自分も欲しくなってしまうものです。また、「この本は、面白かった。」とか「この曲は名曲だ。」とか本やCDを貸してもらったら1度は、読んだり聞いたりはするものです。そして、気に入ったら自分でも買うようになります。人に自慢されたものを自分も欲しくなってしまうことが、私にはよくありました。

思い返せば、子供のころからそうでした。
小学生のころ、クラスの友達がファミコンを買ったら欲しくなって親にねだりました。
中学生になったら、友人と漫画雑誌を回し読みしたりお互いに気に入ったTV番組などをすすめあったりしました。
高校生のころに、友人から司馬遼太郎の「竜馬がゆく」という小説をすすめられたおかげで、司馬遼太郎の小説はほとんど読破しました。
友人がかっこよくギターで語り弾きをするのを見て、フォークギターを買うも弾けるようになる前にFが押さえられずに残念しまた...。
今は、知人にアイコスを自慢されて欲しいなぁと思っています。(現在品薄で購入することができない。)
このように、友人や知人のすすめというのは非常に大きな購買動機になるものだと思います。

もちろん健康食品もそうです!

また、本当に販売会社や商品のファンになった顧客は、知人友人にすすめてくれます。
単品通販をメインにしている販売元の中には、非常に紹介を重視している会社があります。
顧客が、知人友人に愛用している商品をすすめたり自慢しやすいように、商品の良さをまとめたリーフレットだったらりお試し用のサンプルだったりを定期顧客への商品発送のおりに同梱すれば紹介のお客様が増えます。
大して費用のかかることではありませんから、やっていない販売元様はやってみてください。

企画部:北