健康食品・サプリメント受託製造OEMで貴社のPBを製造します

普段は、深く考えていないことでもふとしたきっかけで、「何故だろう。」と考察したくなることがあります。
先日、クライアントととの打合せのおりに販売価格の話になりました。
「販売価格は、1個4,000円でいこうかと思っているけど、どうだろうか?」
と聞かれたので
「製造原価や競合商品の販売価格を鑑みると妥当だと思いますよ。」
とお答えしたのですが、私はもう一言を付け加えました。
「4,000円なら3,980円にしたほうがより売れやすいですよ。」と。
クライアントは、「それもそうだね。じゃあ、そうするよ。3980円で。」と販売価格は、3,980円に決まりました。

なぜ、4,000円より3,980円の方が良いとクライアントと私は考えたのでしょうか?
実際に、健康食品でも販売価格が1,500円の商品よりも1,480円のものが多いですし、3,000円よりも2,980円で販売されているものの方が多く見受けられます。
以前に聞いたことがあるのですが、実際に3,000円よりも20円安い2,980円の方が売れ行きが良いのだそうです。
おそらく、価格を見た時に、2,980円ならざっくりと2,000円代と微妙に錯覚を起こすのでしょか?
3,000円ならそのまんま3,000円かつ3,000円代ですが...。実質は、20円しかかわらないのですが、実感としてそれ以上に大きな錯覚起こすのだと思います。
男性の身長は178cmと言われたら、「おー、けっこう背が高いねー。」という印象を持ちますが180cmと言われると、けっこうではなく非常に背が高いような印象になりませんか?たった2cmのことなのに、その数字よりも印象の差は大きなものになります。180cmはけっこう背が高いと、とても背が高いのとのホーダーです。(私の独断と偏見ですが。)
テストの点数も80点なら、良い点数だとうれしく感じますが、78点だったなら少し惜しくて悔しい感じがしませんか?このように、実質ほとんど同じでも、少しの差で印象がそれ以上に異なるのです!
現在、3,000円とか4,000円で販売されている商品がおありでしたら、2,980円とか3,980円にして販売してみてください。少し、売り上げ個数が増えるかもしれませんよ。

企画部:北