健康食品・サプリメント受託製造OEMで貴社のPBを製造します

今回のテーマは、バストアップサプリの今後です。
結論から申し上げると、今後は弊社の顧客に対しては弊社からバストアップサプリの開発を積極的におすすめすることは無いと思います。
なぜなら、バストアップを訴求してサプリを販売することが非常に危険だからです。

7月13日に国民生活センターから「プエラリア・ミリフィカ」に関する健康被害の相談が急増していると注意喚起の発表がありました。
このプエラリアとは、豊胸や更年期障害などに効果があるとして女性ホルモンに働きかけるというバストアップサプリなどで最も人気がある素材です。(女性ホルモンのエストロゲンに構造が似ている成分(類似体)を含んでいます。)
また、国民生活センターに寄せられるプエラリアに関する危険情報が急増しているとのことです。ここ5年で合計209件の内、15年度が97件、16年度が94件とここ2年の件数が際立っています。
また、EC事業者12社の12商品をテストおよび広告などの表示を検証したところ12商品の内3商品にプエラリア特有の成分が身体作用に影響を及ぼす量を上っていたとのことです。
そして、10商品中6商品の広告などの表示に健康増進法や景品表示法違反の疑いがあるとして厚生労働省や消費者庁に要望を行い厚生労働省は、要望を受けて調査を行っています。

今後は、バストアップの訴求を行うと行政から目をつけられやすくなります。非常にハイリスクといえるでしょう。

企画部:北