製造工程における取り組み

異物混入を防ぐために

作業者の取り組み

京都真創では異物混入の可能性を排除するために、装飾品類をクリーンルーム内への持ち込みは厳禁しています。
また服装からの持ち込みを防ぐため、異物混入防止仕様の作業着を着用しています。

クリーンルームでの作業着【入退室時の注意事項】

  • 時計、イヤリングなどの装飾品を着用しない
  • クリーンルーム用衣服を着用したまま、規定の場所(クリーンルーム及び前室)以外に立ち入らない
  • 私物は全て所定のロッカー内に保管する
  • 化粧等は落としたほうが良いが、出来るだけ薄めに留める。
  • 発塵源となるティッシュペーパーやシャープペンシルなどの物品は持ち込まない
  • 正しくクリーンルーム用衣服が着用できているか確認する(頭髪をフードから出さない、腕まくりしない)
  • 交叉汚染を防ぐため、あらかじめ定められたルートで退室する。

入室前の健康チェック、入念な手洗い製造室(クリーンルーム)入室の前に健康状態のチェック、入念な手洗いとアルコール殺菌消毒を行います。

エアシャワー製造室(クリーンルーム)入室の際はエアーシャワーにて作業服についた塵や埃を吹き飛ばします。使用資材もエアーシャワーを通すことで徹底してクリーンルーム内の清潔を保ちます。

重量検査・金属探知

ウエイトチェッカー充填した製品の重量を量るウェイトチェッカー。コンマg単位でバルク数の誤差を判断します。またバルク充填時に混合物が入っていないことを確認する金属探知機も備え付けています。

京都真創が選ばれる5つの理由
お問い合わせはこちら

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA