健康食品・サプリメント受託製造OEMで貴社のPBを製造します

概要

ビタミンA(レチノール)は油脂で溶ける脂溶性ビタミンの一種で、主に動物性食品に含まれています。

レチノールは体内でレチノール・レチナール・レチノレン酸
3種類に活性変化して作用しています。

レチノールを多く含む食品 牛・豚・鶏の肝臓
うなぎやイカなどの魚介類
卵やバターなどの乳製品

また、βカロテンなどに代表されるカロテノイドは
体内に入ることでビタミンAに変化します。
これらをプロビタミンA(ビタミンA前躯体)と呼んでいます。

このプロビタミンAは、緑黄色野菜や果物などの植物性食品に含まれています。

ビタミンAは、皮膚や粘膜の正常な保持、視覚の正常化、成長および分化に関与しています。

不足すると皮膚や粘膜の乾燥・夜ものが見えづらい夜盲症・成長障害・胎児の奇形などを
引き起こす恐れがあります。

また、溶けにくい脂溶性なので過剰摂取に対しても注意が必要です。
成人の場合は、吐き気・頭痛・めまい・目のかすみなどになる恐れがあります。

子供が過剰摂取した場合、頭蓋内や骨格の異常を引き起こす場合があります。

したがって、妊娠中や乳幼児がいる場合は、採り過ぎに特に注意が必要です。

ビタミンAの平均摂取推奨量

推奨量(RDA:recommended dietary allowance )とは、日本人の、ある性・年齢階級に属する人々の97~98%が必要量を満たすと推定される摂取量のことです。

年齢(歳) 男性 女性
推奨量(mg/ 日)
18~29 850 650
30~49 850 700
50~69 850 700
70 以上 800 650

栄養機能食品としての必要条項

カルシウムは保健機能食品の栄養機能食品として表示が認められています。
下記にご紹介した場合に限って効能効果を記載することが可能ですのでご参考にしてください

1日あたりの摂取目安量に含まれる栄養成分量の上・下限値の規格基準

上限値 下限値
600μg (2,000 IU) 135μg (450 IU)

栄養機能表示

ビタミンAは、夜間の視力の維持を助ける栄養素です。

ビタミンAは、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

(注意)ビタミンAの前駆体である、β-カロテンについては、ビタミンA源の栄養機能食品として認めるが、その場合の上限値は7,200μg、下限値1,620μgとする。また、ビタミンAの前駆体である、β-カロテンについては、ビタミンAと同様の栄養機能表示を認める。この場合、「妊娠3ヶ月以内又は妊娠を希望する女性は過剰摂取にならないよう注意してください。」旨の注意喚起表示は不要とする。

注意喚起表示

本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。1日の摂取目安量を守ってください。妊娠3ヶ月以内又は妊娠を希望する女性は過剰摂取にならないように注意してください。

栄養機能食品の表示について

健康食品・サプリメントを製造する際の、表示方法を詳しくまとめていますので、下記リンクをご確認ください。


ビタミンA配合の健康食品・サプリメントを製造をお考えの方はお気軽にお問い合わせください。


参照:ビタミンA – Wikipedia

ビタミンA解説 – 「健康食品」の安全性・有効性情報


京都真創が選ばれる5つの理由
お問い合わせはこちら

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。