「健康食品」の利用目的:平成26年度第4回インターネット都政モニターアンケート結果より

前回に引き続き、
平成26年度第4回インターネット都政モニターアンケート結果 健康食品
から「健康食品」の利用目的を見ていきましょう。

設問は【あなたは「健康食品」をどのような目的で利用していますか。
又は今後利用する場合、どのような目的で利用すると思いますか。】
であり、10個の選択肢から1つ選ぶアンケートです。

回答平成26年平成15年
栄養成分の補給31.7%51.3%
健康の維持31.7%51.5%
疲労・体力の回復30.0%33.7%
美容、ダイエット13.3%11.1%/6.0%
強壮3.7%3.3%
食事の代用1.72.3%
その他0.91.3
特に目的はない1.11.8
「健康食品」を利用するつもりはない20.7

(※有効回答数は460名、平成15年の有効回答数は398名)
(※平成15年は美容とダイエットが別の設問であった。
最後の『「健康食品」を利用するつもりはない』は今回のみ)

となりました。

今回の結果は、約10年前に比べると
利用目的における効果への期待度が減っていることが窺えます。

これは恐らく、前回シリーズの
健康食品を巡る歴史の旅』でご紹介した
アガリクスショックや、健康情報番組のヤラセ問題などにより
健康食品へのイメージがあまり回復していないようにも感じられます。

また、最近のジョギングブームを見ると
栄養面だけに依存せず、運動を取り入れて
生活習慣を改善しようという流れになっている
一面もあるかと思います。

ここでのご紹介は割愛しましたが
『健康食品の入手方法』の設問で

「友人、知人から購入(又はもらう)」や
「病院、診療所で入手」、
「スポーツジム、エステサロンで購入」

という選択肢に7.6%~3.0%の回答があり
信頼できる人からの購入はやはり強いと感じました。

これからのソーシャルメディア時代になると
ますます増えていくように感じます。

何度も言うようですが、この調査結果は限定された条件下で
行われているので、このデータだけで判断するのは早計です。

しかし考えるヒントにはなりますので
商品開発」の参考にしていただけると幸いです。


【参照】平成26年度第4回インターネット都政モニターアンケート結果 健康食品

健康食品の企画や製造でお困りの方は京都真創へ

ご相談、お見積もりは無料です!