CS放送のCMって健康食品が多いですよね。

球場

プロ野球を見るために、ケーブルTVを契約しています。

地上波でのプロ野球中継は少なくなっており、やっていたとしても試合途中で終わってしまう場合が多いので、試合終了まで見ることができるCS放送で観戦することが多いでのす。

このCS放送ですが、CMのほとんどが健康食品のインフォマーシャルです。私は、自分が仕事で健康食品を取り扱っているため、ふと仕事モードのスイッチが入ってしまうことがあるので健康食品のインフォマーシャルの頻度が減って欲しいと思っております…。
(※インフォマーシャルとは、最後にフリーダイヤルを表示し注文の電話を促すなど、そのCMを見て購買アクションを促すCMのことです。)

長期間CSでインフォマーシャルを行っている企業も多いのでそれなり以上の効果があるのでしょう。

しかし、CSはコマーシャルの審査が非常に緩いため、広告表現が「えっ。大丈夫なの?」と思ってしまうほど際どい踏み込んだものを多く見かけます。薬事法や景品表示法に抵触する可能性があるインフォマーシャルも結構多いのです。

私は、その内これらのインフォマーシャルに対して消費者庁から景品表示法にもとづく排除命令が出るのではないかと心配しています。その時は、おそらく複数の会社が一斉に指導を受けることになると思います。

以前は、インターネットでの健康食品市場も管轄省庁からの監視はゆるやかでした。しかし、現在はインターネット媒体での広告への監視は非常に厳しくなっています。歴史は繰り返すと申しますが、現在は当局からの監視や媒体の審査がゆるくとも、そのうち管轄省庁からの監視の手が追いついてくるものなのです。

もちろん法律を軽視(無視)した宣伝は駄目ですが、他の媒体に比べてCSでのインフォマーシャルは大きな可能性を感じます。他媒体のレスポンスに不満があって資金に余裕があるのであればトライしてみてもよいのではないかと思います。

企画部:北

健康食品の企画や製造でお困りの方は京都真創へ

ご相談、お見積もりは無料です!