ブルーオーシャンを探しましょう!

ここ数年、海外産の牛肉が高騰しています。
安さがウリの某牛丼チェーンまでもが値上げをしています。
円安のせいでしょうか?消費税の税率アップのせいでしょうか?

これらの要因も若干はあるのでしょうが、
一番の理由は、中国が高値で牛肉を輸入しまくっていることです。

なんと、今の中国では牛肉の需要がすごい勢いで伸びていて国産(中国産)のみでは追いつかず、輸入も盛んに行っています。
多少高くても飛ぶように売れるので、気前良く高値でオーストラリアやニュージーランドからガンガン牛肉を輸入しているそうです。

その結果、日本が必要な分を輸入しようとしても
(中国が高値の良い条件で買いまくっているので)
もう安くでは、売ってもらえなくなってしまったのです。

今までは、牛肉は(海外から)買え買えと責められていたのに、
最近では、中国に買い負けて、
「(この値段で)買わないなら、別にいいよ...。」
と言われているのです。

中国では今でも「牛肉」を食べたことがない人が数多くます。
中国では、豚肉や鶏肉はよく食べられますが内陸の方では、「牛肉」を食べる文化がそれほど盛んではなかったのです。

そして現在、急速に中国に牛肉の需要が増しています。牛肉の料理が大流行しているのです。
まさしくそこにブルー・オーシャンが広がっているのです。

マーケティング用語で、
競争の激しい既存市場を「レッド・オーシャン」
(赤い海、血で血を洗う競争の激しい領域)、
競争のない未開拓市場を「ブルー・オーシャン」
(青い海、競合相手のいない領域)
と言います。

と、言われても競争のない未開拓市場なんてどこにあるの?と思いますよね。
私もそれには激しく同意します。

でも、私達が見付けられないだけで確実に存在はするのです。
健康食品の市場も20年~10年前くらいまでは、ブルー・オーシャンでした。
しかし、現在は成熟した市場に成長を遂げようとしています。

それでも、弊社のクライアントの中には
今までだれも考えなかったジャンルの商品を開発された企業もありますし、
私は健康食品の開発をお手伝いを十数年させていただいておりますがそれでもまだ、初めて聞くような非常にマイナーなジャンルの健康食品もあります。
(※守秘義務のため詳細を書けないことを申し訳なく思います。)

売り方でも、商品でも、使い方でもかまいません。
ブルー・オーシャンをなんとか見付けたいものです。

企画部:北

健康食品の企画や製造でお困りの方は京都真創へ

ご相談、お見積もりは無料です!