生きている乳酸菌と死んでいる乳酸菌

死のイメージ
健康食品に使用する乳酸菌には、「生菌」と「死菌」があります。
つまり、生きている菌と死んでいる菌です。

『死んでいたら摂取しても意味がないのでは?』
とお思いになる方も多くおられるでしょうが、
乳酸菌は死菌でも効きます!

なぜなら、生菌を摂取しても胃酸でその多くが死んでしまいますし
乳酸菌の健康に対する効果は、死菌にもあるからです。
乳酸菌の死菌は、腸内の生きている乳酸菌のエサになることにより
そのはたらきを助けます。
また、乳酸菌生産物質(乳酸菌が生成する物質。免疫力向上や腸内環境の改善に役立つ)は、
死菌を濃縮した原料に多く含まれているからです。
そして、死菌は高濃度に濃縮することが可能です。

(生菌は濃縮すると死んでしまうため高濃度に濃縮できない。)

ですから、非常にインパクトがある菌数を配合することができます。
極端な例をいえば、1日分に死菌を1兆個以上配合することすらできます。

(原価は高くなってしまいますが...。)

生菌のメリットは、
『生きている乳酸菌配合!』と分かりやすくポジティブな訴求ができることです。

乳酸菌は、貴社の売り方にあわせて「生菌」と「死菌」を選んでください。

企画部:北

健康食品の企画や製造でお困りの方は京都真創へ

ご相談、お見積もりは無料です!