健康食品・サプリメント受託製造OEMで貴社のPBを製造します

特にこれといった理由が無いのに、売り上げがなぜか不調といった経験はありませんか?
取り扱うものが何であれ、物なりサービスを売る仕事をしていれば、誰しもが経験したことがあると思います。

ケースバイケースで理由は様々と思いますが、理由が分からないスランプの理由のひとつに「飽き」があると思います。

毎日同じセールストークで同じ商品を売っていると飽きるのです。売る人もそのセールストークを聞くお客様も。

そして飽きると、トークに心が込められなくなってしまいます。
心を込めて語れなくなったセールスマンは、挨拶機能がある自動販売機とさほど変わりません。
自動販売機は、必需品か安価な商品以外は売ることはできません。

この「飽き」や「マンネリ」を克服するにはどうすれば良いのでしょうか?
多くのセールスマンは、違う角度からその商品の良さをアピールしようとします。
今まであまり言ってこなかった良さを語るとこによって、新鮮気持ちで再度トークに心を込められるようになります。
あるいは、新商品を投入することによりマンネリは回避されます。
トークかあるいは、商品そのものを変えてしまえば良いのです。

しかし、その度に新商品を投入していてはキリがありません。
そこで家電業界や自動車業界では、ブランドはそのままで商品のモデルチェンジが行われます。
そうすれば、既存ユーザーにも新型をお勧めすることができます。

健康食品の業界でも数年に一度くらいの割合で、主力商品のリニューアル(パワーアップ)を行う会社もあります。
それを大義名分に、販促キャンペーンを行ったり、休眠顧客の掘り起こしなども行ったりもします。

愛する商品の商品寿命を延ばすためにリニューアルは大変良い方法だと私は思っています。

商品のテコ入れのために、弊社にリニューアルのオファーをください。

企画部:北