すき間を狙った商品を売りましょう!

すき間のイメージ

健康食品業界に新規参入をお考えの方から
「どうすれば、成功しますか?」
と聞かれることがあります。
返答に困る質問ですが、こう聞かれると私は

「商品の売り方を差別化することですしょうか…。」

とお答えすることが多いです。実際に私のクライアントで成功されている方のほとんどがこの通りのことおこなっておられます。

同じ商品でも売り方によって売れ行きが全く違うのです。

例えば、マーケットのすき間。他の企業が手を出さない分野を攻めるとどうでしょうか?競合が少なかったりいなかったりするので簡単にシェアをとることができるかもしれません。すき間商法というやつです。ちょうど面白いすき間商法についての記事を見かけたのでシェアさせていただきます。

1回5万円で出社いらずの退職代行が増加
「犯罪者のように上司に引き留められる」煩わしさを解消?
AERA dot.

なんと。退職代行というビジネスがあるそうです。
「辞めたきゃ、自分で言えばいいじゃん。商売になるの?」と私のような凡人は思うのですが、大盛況とのことです。約1年半で500件の依頼を受け、相談は5,000件もあるそうです!?すごくたくさん依頼があるのですね…。これも、競合がないから依頼をそう取りできるからこそです。さらに、もの珍しさからメディアから取材まで受けているのでさらに依頼が増えることでしょう。

このように、人がやっていないことをやれば儲けやすいのです。
もちろん、商品もそうです。
とはいえ「今まで無かったものを作りましょう。」と言われても困りますが…。
しかし、そこでアイディアが出る人が成功するのです。

企画部:北

 

 

健康食品の企画や製造でお困りの方は京都真創へ

ご相談、お見積もりは無料です!